劇団四季キャッツが2018年に東京で開幕します!

Life

大阪で3周年を迎えた劇団四季の「キャッツ」が、ついに2018年、夏に、東京大井町で開幕しますー!!!!!

前回の横浜から時間が経っているのもあり、個人的にかなり楽しみなので、まとめてみますー!

「キャッツ」のストーリーとは?

キャッツには明確なストーリーがありません
最長老の猫が「ジェリクルキャッツ」と呼ばれる特別な猫を選ぶ、という大枠はありますが基本的にそのジェリクルキャッツの候補の猫たちを紹介していくミュージカルです。
単純にそれぞれの猫のテーマソングに乗って猫たちが歌い、踊るだけなのでわかりやすいストーリーはないんです…。

ただ紹介していく中で、周囲の環境が変化していく猫や、さらわれてしまう猫、悪役の猫等、個性的な猫たちが出てきますので楽しめるかと思います!

回る!?舞台

キャッツの最大の魅力かと思いますが、開幕直後、回転席と呼ばれる前方の座席が回転します
もちろん回転しない後方の座席でも十分楽しめますが、せっかく観劇に行くなら一度は回転席で観てみたいですね〜。

ちなみにキャッツの舞台はゴミ捨て場というコンセピトで作られています。
舞台のセットだけでなく、劇場内に一歩足を踏み入れると人間の大きさのゴミで観客席が囲まれています。かなりリアルに作られていますので、舞台以外の美術などにも注目してみてください!
さらに、そんな特別な舞台を作りますので、キャッツの劇場は箱ごと建設されます。劇場を一から作るってすごいですよねえ…。

来年はどこに!?

では2018年の公演の劇場は、一体どこに建設されるのでしょうか!
劇団四季の公式ページによると、

「キャッツ・シアター」が建つのは、7月よりディズニーミュージカル『ライオンキング』を上演する四季劇場[夏]に隣接した場所。これにより、四季は2018年よりしばらくの間、四季劇場[夏]、電通四季劇場[海]、自由劇場と、キャッツ・シアターの4館を首都圏の活動拠点とし、彩り豊かな作品をお届けします。
(引用元:http://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/028904.html

と書かれています。

四季劇場[夏]に近いのか!これは嬉しい人多いのでは!!

と思ったのですが、そのあとに

2018年よりしばらくの間、四季劇場[夏]、電通四季劇場[海]、自由劇場と、キャッツ・シアターの4館を首都圏の活動拠点とし

とも書かれているので、今回の東京でも大阪公演くらいやってくれるのかな!と期待してしまいます…!
まぁ前回公演も3年は行われていたので、最低でも3年はやっていただきたいと思いますね。。。

気になるキャストは…!

すみません、最近の四季でどなたが人気があるか、実力があるかわからないのですが、最近の四季は外部オーディションを多く開催してます。
アラジンやノートルダム、最新作のパリのアメリカ人も外部オーディションを実施していますので、もしかすると東宝に出演されていたあの方や、四季入団からだいぶ時間が経っているあの方などの出演も考えられますね。

ただ個人的に、グリザベラだけはまだ早水小夜子さんに演じて欲しいです…!大阪公演でグロールタイガーを演じられていたキャストの中に、瀧山久志さんのお名前もあったのでこちらも楽しみにしたいです!彼のジーニー、とても素晴らしかったのですよ!!

他のキャストに関して細かい情報等は正直全くわかりませんし、四季からの公式発表もありませんのでのんびり待つことにします…。
というより四季は、「どのキャストでもそのままのクオリティを」と昔から掲げていますので、いつ行っても楽しめると思いますよー!

最後に

キャッツは私の中でも1位2位争うほど好きな作品です。なので来年の開幕本当に楽しみです!!
四季のキャスト陣のパフォーマンスももちろんですが、アンドリューロイドウェーバーの楽曲も非常に素晴らしいので、ぜひたくさんの方に聴いていただけたらと思います。
マチネはキャッツ、ソワレはライオンキングとかも夢ではありませんし笑、来年は四季の年になりそう〜〜〜!

コメント