ミュージカルを何度も観る理由

Life

「何回も同じもの観て面白いの?」
この言葉にカチンと来てしまったので少しばかり語らせてください。

劇団四季だけがミュージカル?

ミュージカルを見よう!という方が一番最初に観たいと思うのは劇団四季の演目なのではないでしょうか。
ロングランが続く「ライオンキング」や、毎回話題になるディズニーのミュージカル、アンドリューロイドウェバーというミュージカル楽曲の代表者が手がける作品を多く上演していますし、CMや宣伝も大規模にしています。今まで観たことがない方にはとても入りやすい・馴染みやすい空気感を出してくれいると感じます。
ですが、一度観ただけで満足してしまう方も多いのではないでしょうか。
そんな方に私は声を大にして言いたいです。
勿体無い!!!!!!!

四季を観て感動したならば、ぜひ!!次は!!東宝や劇団☆新感線などを観てみてください!!
そして誰かご自分の好みの俳優さん・女優さんを見つけてください。
最初の頃よりずーーーーーーーーーっと満足感を得られると思います!

東宝ミュージカルの魅力

「レ・ミゼラブル」や「ミス・サイゴン」、「エリザベート」等、名前だけご存知の方も多いのではないでしょうか。
東宝ミュージカルの各カンパニー(演目)は、毎回主演クラスからアンサンブルまでオーディションで決めることが多いです。そして、キャスト陣も全員公開され、キャストのスケジュールも公開されます。そして配役によってはトリプル・ダブルキャストで上演されます(もちろんシングルの場合もあります)。
私が思う東宝ミュージカルの最大の魅力は、キャストを自分で選べることです。

劇団四季とはどう違うのか

チケットの販売方法

劇団四季は半年先、1年先のチケットを売り出しています。当然キャストも未定です。1週間前になれば各演目のキャストが公開されますが、ギリギリになって変わってしまう場合もあります。
そう、好きな俳優さんが自分が見たい日程に出演するかどうかわからないのです。これってキャストさんのファンにとってはかなりリスキーじゃないでしょうか。。
どうやら創設者の浅利慶太さんが
「どのキャストで上演しても同じクオリティを」
という方針を掲げ、それをずっと貫いて来ていたようです。

もちろん、どの日に行っても同じクオリティで観られるのはとても素晴らしいことです。
ですが、俳優さん各々の個性や癖もありますし、それを殺してしまうのはもったいないのかなと思います。
(もちろん毎回全員同じキャストとは限りませんが!)

東宝ミュージカルはというと、ほとんどが1ヶ月〜長くて3ヶ月の公演期間です。そして、チケットの販売が開始されるのは公演の初日から約3ヶ月〜半年前程から。チケット発売と同時に、全公演のプリシンパルキャストも発表され、購入者は事前に誰がどのキャストでどの日程のマチネorソワレに出演するのかが把握できるようになっています(下記SSは2018年のマリー・アントワネット)。

キャスティングまでの工程

劇団四季の舞台に立っているほとんどのキャストさんは「劇団四季に所属」している形での出演です(客演も演目・キャストによってはありますが…)。そして、出演キャストは劇団四季に所属している方の中からオーディションで決定されます。
一方、東宝ミュージカルではアンサンブルから主役クラスの配役(プリシンパル)まで、全て外部オーディションにより選出されます。さらに四季の場合は、ある程度実力がつくと同じ役に固定され全国公演に回ることが多くなりがちですが、東宝ミュージカルでは再演でもオーディションが行われます。

大きな違いではこのあたりではないでしょうか。
内部のことになってしまうともっともっとありそうですが、流石にそこまではわからないです^^;

本当に何度も観て面白い?

何度観ても面白いです。
ただ、個人的な「このキャスト陣ベスト1」ができてしまうと、他のキャストで観てみようという意欲があまり湧かなくなります^^;
(好みという超えられない壁)

ですがやはり違うキャストで見ると違ったように感じますし、新鮮さも増します。役の解釈も違うので、「なるほどな!そう来たか」と感じることもあります。そもそも今まで知らなかった人を見て一目で惚れることもしばしばあります笑
同じ曲でも違うように聞こえますし、バレエが得意なキャストさんとピップホップが得意なキャストさんでダンスのキレも違います。
毎回違う発見があるから、何度でも観たいと思ってしまうのです…!

せっかくなので、私個人が贔屓にしている俳優さん・女優さんをご紹介いたします。少しでもご興味が湧いてくださると良いのですが…!

個人的に好きな女優さん

伊東えりさん
きっと誰もが一度は聞いたことのあるお声のはず。
現在はフリーでのご活動がメインで滅多に大きい劇場にはご出演されませんが、たまにミュージカル座の作品に客演でご出演されていたり、ご自身でコンサート活動などをしていらっしゃいます。歌声も容姿もお美しい、大好きな女優さんのお一人です。
島田歌穂さん
この方のエポニーヌは世界一と信じて疑わない私がいます。儚げな少女役から温かみのある母親役までこなせる女優さんです。新作のメリーポピンズではずっと聴きたくなってしまうような歌声を披露してくださいました。「ナイツ・テイル」でのご活躍も楽しみですね…!
オフィシャルWebサイト
濱田めぐみさん
「ウィキッド」で衝撃を受け、「クレイジー・フォー・ユー」でも衝撃を受けました。圧倒的な声量と歌声、なのにめちゃくちゃ踊れる女優さん。個人的にクレイジーのポリー役は保坂さんが一番好きでしたが、濱田さんも同じくらいいいなと感じたのを覚えています。「メタル・マクベス」に続き、再演となる「ラブ・ネバー・ダイ」も楽しみです。
オフィシャルWebサイト
保坂知寿さん
「クレイジー・フォー・ユー」ポリー、「CATS」グリドルボーン、「アスペクツ・オブ・ラブ」ローズ等々、四季の最前線でご活躍されていた女優さんです。この方のポリーは私的に超えられる方がおりません…。独特のハスキーボイスが心地良く温かくて何度も聞きたくなる歌声の持ち主です。来年の「レベッカ」へのご出演が決定されて実はめちゃくちゃ嬉しいです笑

個人的に好きな俳優さん

石井一孝さん
ミュージカル界1熱い俳優さんです。舞台だけでなく、ご自分で作詞作曲もされていたり、コンサートも開いていたりします。若かりし頃のマリウスは最高でした…!個人的には「蜘蛛女のキス」が至高です。
オフィシャルWebサイト
岡幸二郎さん
日本人とは思えないお顔立ちと身長。アンジョルラスは最高のハマり役でした。最近では悪役が増え、「かっこいい」から「ダンディー」路線になっていますが、歌声は変わりません。岡さんもコンサート等開かれており、外見からは想像のつかない楽しいMCを繰り広げてくださいます笑
オフィシャルWebブログ
中川晃教さん
初演の「モーツァルト!」で一目惚れ。初主演で読売演劇大賞優秀男優賞を受賞する等の快挙を成し遂げました。2016年の「ジャージー・ボーイズ」では菊田一夫演劇賞まで受賞した、実力派俳優さんです。中川さんも作詩作曲されており、コンサートも開かれていますので、歌声を聞く機会は十分あります!
オフィシャルWebサイト
沢木順さん
ご存知の方は世代がバレますね笑 日本語をものすごく大切にして歌う方。四季時代のファントムはこの方が個人的に一番好きです。最近は若手の俳優さんたちの指導をされておりますが、「ロートレック」というご自分で製作されたミュージカルの上演もされています。

いかがでしたか?

何度観ても飽きない理由がわかっていただけましたでしょうか。。
少しでもわかっていただければ嬉しいのですが、なかなか難しいと私自身書いていて思いました笑
飽きない飽きないと書いてはいますが、「ライオンキング」を30回観た時には流石に飽きてしまいました…。やり過ぎず、ほどほどがちょうどいいです。
生の舞台なのでちょっとしたハプニングがあるのも醍醐味ですし、いつもと違うキャストさんで観劇するのも新鮮ですし、何回か足を運んでみるのもいいものだと思いますよ!
ぜひ、好きな演目や推しのキャストさんを見つけて素敵なミュージカルライフをお過ごしください。

コメント