Google「しごと検索」への対応方法

Html

2019年の1月末にGoogleが日本でも「しごと検索」のアルゴリズムの実装を開始しました。
この「しごと検索」への対応方法をご紹介します。

Google 「しごと検索」とは?

Google しごと検索は、Googleの検索結果に、企業が掲載した求人情報を表示できる機能です。
この機能が導入されたことにより、Googleで求人検索をすると、下記のような求人エリアが表れます。

引用元:https://japan.googleblog.com/2019/01/shigoto-search.html

Google しごと検索によって表示される求人エリアは、企業のロゴや募集内容、募集地、時給、雇用形態、広告の提供元などで構成されます。
しかも、自宅から勤務地までの通勤時間がひと目でわかってしまうのです…!応募者にとって、ありがたい機能が満載です。

また、Googleしごと検索には条件に見合った求人が公開されるとメール通知が届くアラート機能が搭載されています。自分の希望する条件と見合った求人が公開されると、メールで知らせてくれるのです。なので、新しい求人情報を見逃す心配もありません。

Google「しごと検索」導入時の注意点

Google しごと検索を利用するには、求人ページを公開・所有している必要があります。indeedでは必要なかった求人ページですがGoogle しごと検索では必須となるため、持っていない場合はページの用意から始める必要があります。
また、掲載するには、構造化データに従ってマークアップをしないといけません。

構造化データでマークアップを行う方法

Google推奨「JSON-LD」でのマークアップ

下記が基本の形です。scriptタグの中にまとめて書きます。HTML内どこに置いてもOKですが個人的なオススメはページ下部です。

<script type=”application/ld+json”> {
  ”@context” : “http://schema.org/”,
  ”@type” : “JobPosting”,
  ”title” : “Webデザイナー”, //職種名
  ”description” : “<p>【どのような人を募集しているのかを記述します】</p>”, //募集概要
  ”datePosted” : “2019-01-23”, //求人投稿日
  ”validThrough” : “2019-04-23”, //この求人の期限
  ”employmentType” : “FULL_TIME”, //雇用形態
  ”hiringOrganization” : {
    ”@type” : “Organization”, //会社情報
    ”name” : “株式会社○○○○”, //社名
    ”sameAs” : “https://company.com”, //会社HPのURL
    ”logo”: “https://sample.com/icon.png” //ロゴ
  },
  ”jobLocation” : {
    ”@type” : “Place”, //勤務地情報
    ”address” : {
      ”@type” : “PostalAddress”,
      ”addressRegion” : “東京都”, //県名
      ”addressLocality” : “○○区”, //市町村区
      ”streetAddress” : “○○駅1-11-11 ○○ビル○号館 1F”, //市町村区以下の所在地
      ”postalCode” : “111-0045” //郵便番号
    }
  },
  ”baseSalary”: {
    ”@type”: “MonetaryAmount”, //基本給与
    ”currency”: “JPY”, //通貨単位
    ”value”: {
      ”@type”: “QuantitativeValue”,
      ”value”: 2000000, //基本給与
      ”minValue”: 2000000, //給与の下限(あれば)
      ”maxValue”: 5000000, //給与の上限(あれば)
      ”unitText”: “YEAR” //月給・年収・時給など
    }
  }
}
</script>

JSON-LDでのマークアップはこんな感じです。
ただ、こちらだと情報の更新などがあった際にコンテンツ内・ページ下部のJSON-LD内と2箇所を修正しないといけません。
ページ数や、募集職種が多い会社だと、更新漏れに繋がってしまう場合があります…。そこでオススメするのがHTML5で使用できる、microdataです
(W3Cの勧告が2013年10月で止まっているため、今後のことを考えるとRDFaやJSON-LDを選択したほうがよいかもしれません)。

「microdate」でのマークアップ

microdataでマークアップをするとHTMLが見づらくなってしまいますが、更新箇所が減り、漏れが防げる利点があります。ただ慣れていないとマークアップするだけでも時間がかかってしまうので、慣れていない場合はJSON-LDを推奨します。

属性の解説

プロパティ 必須 説明
@context 必須 "http://schema.org/"を指定
@type 必須 "JobPosting"を指定
baseSalary 推奨 実際の基本給(概算額ではない)。
unitText には、次のいずれかの値(大文字と小文字を区別)を使用します。

  • “HOUR”(時給)
  • “DAY”(日給)
  • “WEEK”(週給)
  • “MONTH”(月給)
  • “YEAR”(年収)
"baseSalary": {
"@type": "MonetaryAmount",
"currency": "JPY",
"value": {
"@type": "QuantitativeValue",
"value": 200000,
"unitText": "MONTH"
}
}

給料に幅がある場合は、minValuemaxValueを使用

"baseSalary": {
"@type": "MonetaryAmount",
"currency": "JPY",
"value": {
"@type": "QuantitativeValue",
"minValue": 200000,
"maxValue": 300000,
"unitText": "MONTH"
}
}
datePosted 必須 求人情報が公開された日
description 必須 HTML形式で求人に関する詳細な説明です

  • 改行には <br><p>\nを使用
  • その他の使用可能なHTMLタグ<ul><li><h1><h5><strong><em>
employmentType 推奨 雇用形態を指定します
"employmentType" : "CONTRACTOR"

掲載できる雇用形態は下記の8種類。

  • “FULL_TIME”
  • “PART_TIME”
  • “CONTRACTOR”
  • “TEMPORARY”
  • “INTERN”
  • “VOLUNTEER”
  • “PER_DIEM”
  • “OTHER”

複数の雇用形態を指定することもできます。

"employmentType" : ["FULL_TIME", "CONTRACTOR"]
hiringOrganization 必須 求人を出している企業に関する情報を記載します。
"hiringOrganization" : {
"@type" : "Organization",
"name" : "ウィルスタイル株式会社(Will Style Inc.)",
"sameAs" : "https://www.willstyle.co.jp/"
}
identifier 推奨 求人情報を掲載している組織側の識別子です。
職務ごとに求人ページが複数あれば、そのページごとにこのvalueフィールドが、それぞれ異なっている必要があります。
"identifier": {
"@type": "PropertyValue",
"name": "Will Style Inc.",
"value": "123"
}
jobLocation 必須 被雇用者が働く場所に関する情報になります。
できるだけ多くのフィールドを指定するほど、ユーザーに提供する求人情報の質が高くなります。
"jobLocation" : {
"@type" : "Place",
"address" : {
"@type" : "PostalAddress",
"addressRegion" : "東京都",
"addressLocality" : "新宿区",
"streetAddress" : "西新宿 三井ビルディング4F",
"postalCode" : "111-1111",
"addressCountry": "JP"
}
}

複数のjobLocationを指定することも可能で、Googleが検索クエリに応じて最適なjobLocationを選択します。
在宅業務の場合は、additionalPropertyフィールドを追加して、値にTELECOMMUTEを指定します。

"jobLocation" : {
"@type": "Place",
"address": {
"@type": "PostalAddress",
"addressCountry": "JP"
}
"additionalProperty": {
"@type": "PropertyValue",
"value": "TELECOMMUTE"
}
}
title 必須 職種の名称を入力します。
"title": "Webデザイナー"					
validThrough 必須 求人情報が期限切れになる日付 ※ISO 8601 形式
例:”2017-02-24″ “2017-02-24T19:33:17+00:00”
"validThrough" : "2019-01-01T00:00",		

求人情報がいつ期限切れになるかがわからない場合は、このプロパティを指定しないでください。

まとめ

いかがでしたか?
現時点ではまだポータルサイトが強く、検索してみても上位にまだまだ席捲されてしまっていますが今後各企業が求人ページを最適化していけば、求職者が直接自分に合った企業を選ぶことができるようになると思います。
企業にとっても、掲載料などが減るのでどちらにも有益な機能ですよね。
私も転職する際に活用したいと思います!

コメント